NGアピールがないか自己PRを見直してみよう!

企業の面接で志望動機は必ず聞かれるものです。 志望動機を聞く理由は、入社後に社員の一員として自社に貢献してくれる人を見極めるためです。 漠然とした志望動機だと志望動機を使い回していると感じてしまいます。 就職先である企業の研究をして、何故この企業が良いのかを明確にしましょう。

漠然とした志望動機はNG!

就職活動において、必ず1回は行うのが面接です。
どういったアピールをすればいいか悩んでしまうことだと思います。
自己アピールでは自分の強みをアピールできる絶好の場です。
単なる自己紹介ではなく、自分の強みを最大限にアピールして自分の評価につなげましょう。
そのために、自分のアピールもう一度見直してください。
入社したい企業の研究はしましたか?
企業について調べずに、自分のイメージで志望動機を考えると漠然としたものになってしまします。
漠然とした志望動機はマイナス評価になってしまします。
アピールしたい自分の強みは複数ある方もいると思います。
複数あってもアピールしたいことは2つくらいに絞りましょう。
また、アピールポイントが複数あると1つの印象が薄く感じてしまい、強みがあっても散漫的に感じてしまいます。
他にも、様々やいろいろと言った表現を使っていませんか?
自己アピールの場では具体性のある話が求められます。
抽象的な表現では、自分の強みをアピールしきれません。
自己分析を行い、過去の経験や自分のスキルをまとめておきましょう。
自分のアピールポイントを具体的にまとめておけば、そのアピールポイントに説得力を持たせることができます。
やってはいけないアピール方法についていくつか例をあげてみましたが、自分のアピールでこの様な表現を使っていませんか?
このサイトでは就職活動におけるNGアピールを詳しく紹介しています。
NGアピールに注意して、就職活動に生かしてみてください。

アピールポイントは絞るようにしましょう

面接は自分のことをアピールする場であります。 面接官にアピールするために、沢山のアピールポイントを用意するかと思います。 しかし、話を盛り込んで複数の話が混雑していると、何がアピールしたかったのかと思われてしまいます。 その言ったことのないように、アピールしたいことは絞りましょう。

抽象的な表現は避けるように!

自分をアピールする際に抽象的な表現はしていませんか? 「コミュニケーション能力があります」「協調性があります」という表現はありきたりなもので具体性がありません。 抽象的な表現をされると面接官はイメージが湧きません。 具体的な表現をした方が面接官の印象にも残ります。 アピールポイントは具体的な話をしましょう。