>

抽象的な表現は避けるように!

過去の経験は具体的に伝えましょう

「様々な経験」「いろいろ経験した」と言った伝え方はNGです。
様々なやいろいろと言った曖昧な表現は具体的に何があったのか伝わりません。
面接官としては、その経験とは何か、その経験から自分のスキルを活かせたのかを知りたいのです。
こう言った伝え方は表現力の不足や理論的にまとめることができないと判断されて、不採用となってしまう可能性があります。
過去の経験をアピールポイントにするには、根拠を示すことが大切です。
その経験のために努力したことや学んだこと、自分の強みが発揮できた根拠を具体的に伝えることが重要になります。
抽象的な表現を避けるために、過去の経験について自己分析をして具体的で根拠のある表現ができるようにしましょう。

再現性をもたせよう

過去の経験を具体的に伝えると、他にもそう言った経験があるか聞かれることがあります。
面接官は、入社後にもその強みが発揮できるかという再現性を重視しています。
他の場面で発揮できない強みだと、根拠が弱くなってしまい説得力がなくなってしまいます。
アピールポイントは他の部面でも発揮できる強みを選んだ方が良いでしょう。
例えば、リーダーシップが強みだったらどのような場面でリーダシップを発揮したか過去の経験を元に話すことで、他の場面でも発揮できるというアピールもできます。
強みを発揮するために注意していることを交えて伝えると、より効果的にアピールができます。
自分の強みが他の場面でも発揮できる再現性をアピールしましょう。


この記事をシェアする